自然エネルギーをもっと活用しなくてはならないということは、地球温暖化をこれ以上進ませないためにも、非常に重要なことです。
先進国や発展途上国を問わず、もっと自然エネルギーを上手に使うことが、今の時代、世界中で求められていると思います。
そんなこともあって、太陽光発電においてはエコに関心が高い欧州がぬきんでていますが、アジアも負けてはいません。
中国はロングラン保証をウリに太陽光発電事業に進出し、目覚ましい躍進を遂げてきています。
日本も従来は10年間保証が多かったのが、有料ながらも15年、20年と保証期間を延ばしてきています。
もしも、太陽光発電を始めたものの、これは失敗したと思うとしたら、予想していたほどには発電せず、設置のためにかけたお金を考えると高い買い物だったという結果になった場合でしょう。
これが最大級の失敗だと思いますから、そうならないようにあらかじめ徹底的に、どのくらい発電できるのかリサーチする必要があると思います。