地域の特長によって太陽光発電を設置するかどうかを考える場合、どうしても日照時間などに目を奪われがちです。
しかし、太陽光発電に適している環境はそれだけではありません。
もちろん、発電量にも関わってきますし、重要な項目であることは間違いありませんが、それのみを考えていればいいとすれば、日本で設置できる場所は限られる事になります。
そうじゃない現実を見ると、色々な要素があると理解できますよね。
例えば、冬は雪が降りますが、積もった場合、ソーラーパネルの雪は気温が上がるとゴソッと落ちるので、危険が無い広い土地が必要になります。
そう考えると、都会過ぎる場所で日照時間が長くても、問題でしょう。
さらに、屋根が狭かったり、周りに建物が多くて日が当たらないとなっても問題です。
このように、総合的な部分で考える必要があるでしょう。
そう考えると、私の考えでは、岐阜がオススメできますね。
平地でも山間部でも、広い土地を持った家が多いように見えますからね。
さらに、東海地方は肝心の日照時間も長いです。
岐阜の山間部は冬に雪が多いですけど、土地の広さで対策を立てることも容易でしょう。
このように、岐阜県は総合的な環境として考えてみても、太陽光発電を設置するのに適したエリアではないかと、思いますね。
大都市のように建物が多いとか、ビルが立ち並んでいるみたいなエリアも、県全体の割合で言えば、ごく一部ですしね。
考えれば考えるほど、やっぱりオススメなんですよね。