太陽光発電を設置して失敗したと思う人は、売電の状況のことよりも自分の予想に反しているということが基準になっているのだと思います。
私の友人は、システム要領の大きな太陽光発電機器をとりつけた割には、発電量が芳しくありませんのに、して良かったとしょっちゅう言っています。
太陽光発電は、最初に細やかな説明が業者からなされて、判断を仰ぐだけの余裕をお客に与えることができているかどうかの如何が、まず大きなポイントになります。
屋根の大きさと取り付けられるシステム量、できるだけ大きな発電を期待できるメーカー選び、そして費用と回収できる年数の関係、家族構成やライフスタイルと昼間の消費電力の影響など、解りやすく説明してくれる業者に出会えればラッキーです。
自分の判断について、回収年数か、災害時の助けか、エコ生活か、どこに中心をおいて行うのか、我が家に設置した場合の説明とデーターを見ながら行えます。
自分にとってのニーズが叶えられれば、太陽光発電機器設置は大成功でしょう。
説明がいい加減で、夢のあるようなことばかりをアピールして、設置を急がせるような設置業者のセールスは選ばないことです。
自分で調べて、説明に来てもらいましょう。
別に一つの業者ではなくても良いのです。
説明してもらったから契約義務があるわけではありません。
岐阜には、最新の機器を安価に取り付ける業績の良い業者が多いと聞いていますし、説明も正直で誠実な業者ばかりです。
焦らないで、まず安心できる業者に絞り、話を聞いてみましょう。