いまどき主流となってきた、自宅での太陽光発電
自宅の屋根なんかに太陽光パネルを設置するだけなので、新築で自宅を建てる場合などには利用・設置するひとがふえています。
そんな太陽光発電を、岐阜県の県庁所在地、岐阜市で行うにあたって、効果などはどれくらいになるのでしょうか。
岐阜市は、同じ岐阜県内でも北部の飛騨地方とは異なり、美濃地方である岐阜県は豪雪地帯ではありません。
そのため12月から4月までの間の太陽光発電がほとんどできない・・・ということにまではなりませんが、しかしそれでも雪はふり、ある程度は積る地域です。
そのため、冬の間の太陽光発電量は、暖かい地域にくらべるとやや落ちるといえます。
しかしそれでも岐阜市というのは、年間を通して割と暖かい地域であるといえます。
雪国・豪雪地帯の多い中部地方のなかでは、比較的に太陽光発電をしやすい場所ではないでしょうか。
また、岐阜県は内陸なので津波の心配もなく、もともと比較的地震も少ない県なので、設置のリスクは少ないと考えられます。
心配な積雪も、降雪量はありますが、あまり積雪量は驚くような量ではありませんので、やはり太陽光発電パネルを設置するリスクは少ないといえるのではないでしょうか。
震災以降原発問題などで、電気料金があがっている地域もあります。
今後のことを考えて、自然エネルギーである太陽光発電、利用してみるのもよいのではないでしょうか?岐阜市の皆様、考えてみてください。