岐阜は海岸線を持たない数少ない内陸県の一つです。
山林の割合が高くて、山林に囲まれている集落がいくつもあるのも特徴でもあります。
その集落は通常ではライフランである電気を長い電線を繋げて電力会社から送電してもらっています。
しかし、一度震災や大風・大雪などに見舞われて断線してしまったら、何日も集落全体が停電してしまう可能性も十分に想定することができます。
その状態に陥ってしまったら生活がままなりません。
岐阜市はそれを防ぐためにも太陽光発電システムを取り入れていくべきです。
というのも、太陽光発電は設置したその場で発電して、その場で利用することができるからです。
もしも、電線が切れたとしても、その太陽光発電から電力を賄うことができるわけです。
そのため、防災対策の一つとして岐阜で太陽光発電を取り入れていくべきだと思っています。
そうすることで、もしものことがあっても、慌てることなく冷静に対処できるようになるはずです。